シングレアには副作用が少ないが重大なものもいくつかある

シングレア,副作用

 

シングレアは副作用の少ない薬ですが中には重大なものもあります。

 

まず、あげられるのはアナフィラキシー様症状です。具体的な症状として悪寒がする、熱感がある、発汗するなどの風邪をひいたような症状が出ることがあります。

 

また紅斑がみられたり、顔面に紅潮がみられる、全身に発赤といった外見に症状があります。

 

アレルギー症状のようなかゆみやくしゃみが出たり、口腔内に違和感がある、口腔咽頭や顔面、血管に浮腫ができてしまうこともあります。ひどくなると眩暈や耳鳴り、呼吸困難も引き起こします。

 

アナフィラキシー様症状の中に血管浮腫というものがありますが、単体で引き起こす場合もあります。血管浮腫は顔面や口唇、咽頭や舌に膨張が見られ呼吸が苦しかったり、会話が不自由になってしまうのが特徴です。

 

シングレアの副作用には肝臓に影響を及ぼすものもあります。白眼や皮膚が黄色くなったり、発熱や吐き気、全身のだるさを感じる劇症肝炎や、劇症肝炎の病状もあり、黄色い尿や淡黄色の便の出る肝炎などがあります。

 

シングレア,副作用

 

また、食欲低下や呼吸困難、常に眠い状態が続いたり、黄疸がでる肝機能障害も症状の一つです。

 

また、中毒性表皮壊死融解症という症状も引き起こします。この症状の特徴としては、体の倦怠感、関節の痛みがある、発熱、食欲不振などの風邪の症状に似ています。

 

しかし、このほかにも皮膚が焼けるように痛んだり、全身の赤い斑点と破れやすい水ぶくれができたり、口腔内が荒れるなどといった症状が風邪とは異なっている点です。

 

皮膚粘膜眼症候群という症状もあります。高熱が出て、関節の痛みがあります。

 

ひどい口内炎ができたり、唇や口腔内がただれてしまいます。陰部の痛みがあることも特徴で、赤い発疹やまぶたや眼の充血が症状としてあります。赤い発疹には中央にむくみをともなっていることがほかの発疹との大きな違いです。

 

ほかにも四肢伸側に左右対称に多発する円形の紅斑のできる多形紅斑や鼻血、歯間出血、四肢などに皮下出血が現れる血小板の減少も副作用としてあげられます。

 

シングレアジェネリックを激安で買うならこちら

シングレア,副作用

 

シングレアTOPへ