吸入薬の関連

吸入薬のランキング

 

・乾燥パウダー製剤
粉を吸入

 

・エアゾール製剤
ミスト状の薬剤を噴霧して吸入

 

・電動ネブライザー
液体をミスト状にして吸入

 

そういった様々があります。

 

・吸入ステロイド薬
永年かじ取り薬(コントローラー)の取り分け、喘息のケアとして特に効果がおっきいとされているのが「抗炎症の吸入ステロイド薬」と言われています。

 

少量の材料で、肺や気管支のみにステロイドを営みさせ、炎症を抑える効果がある結果、副作用も意外と薄く、長期の実行が行えるお薬といわれています。

 

お薬の数量も経口薬と比較して、1/100~1/1000程度の数量で効果を得られます。

 

副作用

・口の中央の炎症
・のどに痛み
・所感がれなどが出る

 

このような副作用があるとされていますが、これは吸入後にきちんとうがいをすることにより、それらの恰好を予防することはできるといわれています。

 

・β2(受容ボディ)外圧薬
発作が起きたまま、小さくなった気管支に拡大営みのある『β2(受容ボディ)外圧薬』という「気管支拡大薬」が使用されることがあります。

 

こういうお薬は2ランキングあり、「散々営み様式のコントローラー」と「一寸営み様式のリリーバー(発作ケア)」があります。

 

お薬のポイント
・一寸営み性吸入β2外圧薬
呼吸困難によって起こる苦しさを「気管支拡大営み」で一気に取り除く効果があり、発作のときは危険便利なお薬になります。

 

しかし、喘息の原因である炎症を抑える「抗炎症営み」は持ち合わせていない結果、依存や過多実行がネックとされています。
使用時には、注意することが大切になります。

 

また、こういうお薬を頻繁に使用する=喘息が永年的目線で見て、舵取りNOということになります。

 

・経口ステロイド薬
経口ステロイド薬は「発作ケア(リリーバー)」として大病と医療された喘息、または大きな発作が起こったときに使用されます。

 

また、炎症を抑える営みが力強い結果、副作用の危険性も大きいとされ、吸入ステロイド薬とうまくに使い分けをすることが大切になります。

 

・喘息ケアをしないとどうしてなる?発作を繰り返すと悪化する?
喘息の正体とは、一言でいうと、「気道が慢性的に炎症を起こしている様子」といえます。

 

発作が起きたときにのみ、お薬を使用して、毎日の気道の炎症ケアを放置すると、気道がいくらでもセンシティブになっていき「発作を繰り返し易くなる」といった手詰まりを繰り返すようになってしまうわけです。

 

これは、気道の困難を分厚くごつくするということになります。このことを「気道のリモデリング」と呼び、喘息ケアを苦しくさせる端緒とされています。

 

-発作をくり返して手詰まり!?-
・手詰まりを断ち切るにはどうすればよいのか?
上記で述べた「気道のリモデリング」を起こさず、手詰まりにしないためには、気道の炎症を通常予防して、ケアを行うことが大切になります。

 

また、抗炎症ケアは発作時だけ行えば良いと言う訳ではありません。通常続けることに意味があります。

 

長期にわたって、適切なケアを行い、気道の様子を安定することができれば、喘息持ちでない個人と同じ生活を送る出来事可能とされます。

 

恰好が甘くなったからといって、自己判断での服用を中断することはせずに、定期的に通院して、喘息をコントロールできるようにすることが喘息ケアでは大いに肝になります。

 

また、そのためには信頼できるドクターを探して、設問や問題を解決し合意しながらケアを続けていくことが重要になります。

 

 

-手詰まりを抗炎症ケアで断ち切る!-
・喘息の「軽度増悪(発作)」への条件
ここでは、急性発作が起きる前に取っておくべき姿勢を紹介していきたいと思います。

 

急性の喘息発作恰好には、諸々により、軽度の呼吸困難や歩行が困難になったりするセンスブレーキを起こす高度な発作まで、広範囲ばらつきがあります。

 

そのために、ドクターからは、急性発作について具体的に、どお応対すればいいのか、教えてもらうことが重要になります。

 

シングレアジェネリックを激安で買うならこちら

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日

 

シングレア窓口はこちら